マイホームとして北米風住宅を選ぶ要因

北米風住宅などの輸入住宅はモデルハウスのような素敵さに加えて、はカナダなど自然豊かな環境に住んでいるような雰囲気を味わえ、家族でゆったり生活するために選ぶと良いものです。住宅物件は素材にこだわって決めたいもので、北米は夏場でも涼しく冬場になると雪が多く頑丈なため安心できます。輸入住宅は円高の影響を受けやすく価格が変動する傾向があり、最適なタイミングで購入するように考えると効果的です。

北米は日本と比べると物価が安く、マイホームとして北米風住宅を選ぶと国産よりも低価格になることが魅力です。輸入住宅は資材の運送費などもかかり、事前に見積もりを確かめて依頼する必要があります。家を建ててもらう時は人件費や技術料などがかかり相場を確かめ、スタッフに安心して相談できるようにしたいものです。

マイホームとして北米風住宅を選ぶ要因は現地の雰囲気を体感するためで、こだわりを持って決めると生活の拠点として役立てて便利です。住宅物件は価格が高く失敗をしないように決めたいもので、周囲からの見栄えを良くすると自信を持てます。

ヨーロピアン住宅やアメリカン住宅のメリットデメリット

ヨーロピアン住宅やアメリカン住宅には、メリットデメリットがあると思います。
欧風住宅、アメリカン住宅のメリットについてですが、デザイン性が高く、他の家とは違うオリジナリティがあるという面でメリットがあります。住宅街でこういった家があれば、とても目立ちますし、憧れて貰える可能性は高いです。また、自分のお好みの家のデザインを選ぶ事が出来ますし、日本の住宅にはないような海外の雰囲気を出すことが出来ます。
また、こういった輸入住宅の場合、それにあったデザインのインテリアを選ぶ事も出来ます。家を自分のお好みでコーディネートできるといったメリットがあります。
しかし、輸入住宅にはデメリットもあります。まず、輸入住宅は新しい住宅ですし、どちらかというと若い世代向きとなっています。このため、二世帯住宅にはあまり向いていないというデメリットがあります。また、好みがあるので、岡崎市で輸入住宅を売却するときに売りにくかったりするというケースもあります。

豪邸に見える!憧れている輸入住宅

家の近くに輸入住宅があります。子供たちがこの輸入住宅を見ては豪邸とかお城みたいだねと言うんです。確かに日本住宅の中で一つだけちょっと変わった家があれば目立ちますよね。しかもその輸入住宅は本当にデザインが個性的でオシャレで広そうなんです。

輸入住宅といえば私はデザインが素晴らしい家だと思います。日本の家ってシンプルなものが多いような気がするんですけど、輸入住宅は華やかな感じがしますね。外観だけでお金持ちの家に見えてしまうんです。以前輸入住宅に住んでいる人から聞いたのですが、すごくお値段が高いと言っていました。

でも外観が良いだけではなくて耐震性能や気密性能に優れているという話を聞いたことがありますし、そういう話を聞くと日本の住宅よりも輸入住宅に住んでみたいと思いますね。お金がないのでなかなか難しいのですが。映画の中に出てくるような洋風の素敵な家に住んだら、きっと毎日がとても楽しくなるだろうなぁと思います。

輸入住宅の価格に影響を及ぼす物とは

輸入住宅の価格には、以下のような物が影響を及ぼします。
一つ目は、「為替相場」。
輸入住宅を建てる際は、基本的に資材も輸入するので、円高の影響を受けます。
円高が進むほど価格は下がり、円安が進むほど価格は上がります。

 

ただし、普通の住宅であっても輸入資材を使っているのであれば、同じように影響を受けます。

 

二つ目は、「人件費」。
輸入住宅は、海外の建築工法で建てられていますが、やはり職人からすると勝手が違うので、普通の住宅を建てるよりは人件費が高くなります。
ただし、昨今は海外の建築工法を熟知した職人も増えてきているので、外観や構造によって工期が変わることで、人件費が変動することのほうが多くなっています。

 

三つ目は、「地盤改良工事」。
輸入住宅には建売の物もありますが、やはり主流は注文建築です。
しかし、注文建築の場合は、建売とは違って地盤改良を意識する必要があります。
表層改良だけでも、例えば40坪で60~100万円ほどかかることもあります。

海外住宅、日本の住宅と比べてよかった点

文化や言語が日本と海外で違うように、住宅も日本と海外では大きく違うところがあります。
その大きな違いの一つに、築年数とマテリアルの違いがあるのではないかと思います。

 

日本の昔の住宅は、木造でしたので、地震やそれに伴う火災などで失われてしまうことが多かったと思います。しかし、ヨーロッパなどの海外の住宅は石造りでできており、また地震も日本のように頻繁に起こらないので、何百年前の建物が今でも普通に住宅として使われているのです。

 

わたしが現在住んでいるオーストリアの住宅も、こちらで言えば「新しい」建物ですが、1900年代に建てられた石造りの住宅です。
日本の住宅と比べて、利点、欠点両方ありますが、今回は利点についてお話ししたいと思います。

 

ヨーロッパの古い石造りの建物の利点は、まずその空間の広さです。天井の高さが4メートルほどありますので、住居の面積が少なくても、広々とくらすことができます。また、建物が厚い石でできているため、防音性に優れていますし、保温性にも優れています。日本ではマテリアルではなく、技術で高気密断熱性を可能した輸入住宅がありますが、どちらが良いとは一概には言えませんね。

面倒だったガスのスイッチ

スペインやメキシコに住んでいる時に、「日本の住宅というのは本当に手間の内容な設計になっているな」と感じたものです。
その理由はボイラーです。

お湯を出したい時、それにガスを使いたい時には、必ずボイラーがオンになっていなければいけないのが、ヨーロッパや中南米では一般的なスタイルです。
これをつけっぱなしにしておく人も多いのですが、そうすると、当然、ボイラーと接続されているガスタンクの消費量が減ります。

プロパン式の場合、これが切れると、ガス屋さんに来てもらいますし、お金もかかるので、私はこれを1回使うたびにつけては消しを繰り返していました。

ボイラーが屋内にあればまだ良いのですが、屋外にある時には、いちいち外に行ってそれをつけるのが面倒でした。
そして、ガスタンクが切れた時に、道端でガス屋さんをつかまえなければいけないというのは、出勤前など、かなり焦る状況なのです。

出来るだけその回数を減らすためにガスを節約するのが大変でした。
外国風の家に憧れがありましたが、日本で輸入住宅を建てるのが最善かと思います。

知っておきたい輸入住宅の良い点・悪い点

マイホームを購入する際には様々な選択肢がありますが、それらの中でも輸入住宅を考える方も多いと思います。そんな輸入住宅ですが良い点もあれば悪い点もあるので、今回はその点について色々と書きたいと思います。

アメリカン住宅やヨーロピアン住宅などの様々な輸入住宅がありますが、共通しているのはデザイン性に優れている点です。日本の住宅とは違う美しさがあるデザインは魅力的で、その点に関しては輸入住宅ならではの良い点だと言えます。
また輸入住宅は機能性にも優れていて気密性や断熱性が高く丈夫なので、安心して住み続けることができます。

一方で使用されている建材は海外から輸入したものである場合がほとんどなので、年月が経過してメンテナンスが必要になった時に大変なところは悪い点です。
国内に建材の在庫が無くて海外から取り寄せになった場合はしばらくメンテナンスする事ができません。

また自宅周辺にある工務店では輸入住宅に不慣れで対応できないという状況も考えられます。これらの点は事前に業者を探しておくようにすると良いかと思います。

輸入住宅は魅力が多いですが、絶対に後悔しないためにも良い点・悪い点を踏まえて選ぶようにしてください。

バスルームについて海外住宅よりも断然日本

海外の新築一戸建て住宅に暮らした経験で、日本の住宅と比べて不便だった点といえば、トイレと洗面所とバスルームが一緒の空間だという点でしょう。しかも日本のお風呂場のように、角まできっちりと埋まるバスタブではなく、バスタブに足がついているようなものが主流でしたので、やっぱり最後まで慣れなかったですね。

 

もちろん日本のように角まできっちり埋められているバスタブが設置されている住宅もあったのですが、しかし仕事が甘いというかはしっこをしっかりパテで埋めていませんので、じーっとみると「その隙間カビが生えているよね」ということがわかる感じでした。

 

ですからそれならば、バスタブだけで独立していて足つきになっているバスタブが、バスルームに置かれているものでいいかなーと思ったのです。「慣れる」とは言いますけれど、しかし「日本のバスルームと海外のバスルームどっちがいいか?」と、聞かれたのならばやっぱりもちろん日本のものですよ。

 

使い勝手が違います。それに日本の住宅設備は優秀ですよ。海外の住宅はデザイン自体はかわいいですけれどね。しかし設備は日本です。その点で「日本恋しい」と思ったものです。

海外住宅は大好きです

新築で輸入住宅を建てたのですが、日本の住宅と比べて不便だったことはシャワーしかないということです。物件にもよりますからバスタブ付きももちろんありましたが平べったい造りで肩までお湯につかるということはとても難しくなります。

 

日本の住宅と比べてよかった点は三畳みたいな小さいところはなくある程度の広さがあるということ、空調設備がしっかりしているということです。部屋の雰囲気や色合いも明るいものが多く最初からカーペットでふかふかです。住宅選びで成功したことは見た目がよかった、失敗は道路に車を停めていいのに御近所が車持ちすぎて停めるところがないことでした。

 

海外の住宅を日本に輸入したら機能的なのが良いところで悪いところは光熱費を食うところかもしれません。欧米でのおすすめ海外住宅はバスルームが2つ以上あり鍵が付いているもの、そして外への出入口がそれぞれの部屋にあるものです。

 

混まないので便利でゆとりができますし、鍵があるとプライバシーが保たれて独り暮らし感覚と同居感覚の両法が楽しめます。

輸入・洋風住宅は断熱性、省エネで人気

近年では建築材料である材木に関しても、国内の材木資材の高騰を受けて洋材が安い価格でドンドン輸入されています。 此のことを示すように住宅関係においても見た目が洒落た可愛いらしい輸入住宅というか洋風の住宅が多く見受けられるようになりました。

そして、輸入・洋風住宅に関しては見た目の感じもいいですが、特に低価格と言われるように建築の値段の面でも大いに注目されているようです。 ただ、洋風建築の場合は従来の和式住宅の工法とは若干でも異なっていますし、又、欧風住宅は資材面の木材や壁材などの建材そのものも輸入ものに頼っているため、リフォームやメンテナンスの時に大変難しくコスト高になりがちということも有るようです。

此等の人気の輸入住宅、ヨーロッパ風住宅の特徴としては、営業所や代理店を通じて販売されている建築資材の多くは、北米のカナダや北欧系の針葉樹の建材を輸入しているタイプのものが大部分であり、その為もあって北の国の寒冷な土地柄を特徴とした断熱性や省エネ住宅のような優れた住宅であることが重要なポイントの一つとして挙げられるでしょう。